HOME > 最新情報一覧 > ハラ ミュージアム アークからのお知らせ

最新情報

ハラ ミュージアム アークからのお知らせ

オラファー エリアソンのクリエイションに迫るドキュメンタリー映画を特別上映。
横浜美術館 館長、逢坂恵理子氏によるトークショーも行います!
ハラ ミュージアム アークでは、制作費17億円をかけてニューヨークに突如巨大な滝を作ったことで知られるオラファー エリアソンのドキュメンタリー映画を特別上映します。
エリアソンは2005年、原美術館での個展「オラファー エリアソン 影の光」の開催から、当館の常設作品「Sunspace for Shibukawa」の設置に至るまで、長年親交が深く、また21世紀の現代美術に最も影響を及ぼす一人として評されるアーティストです。
この映画は、2008年に発表された巨大な滝のインスタレーション「ザ・ニューヨークシティ・ウォーターフォールズ」の制作過程を中心に、金沢21世紀美術館の出展作品や、ドイツ・ベルリンにあるスタジオでの貴重な制作風景を撮影、エリアソンの創作現場に迫る内容です。群馬では初めての上映となります。

当日は、横浜美術館 館長の逢坂恵理子氏をお招きし、エリアソンの作品が出品されている「ヨコハマトリエンナーレ2017」(11/5[日]終了)の話を交え、その作品や世界観の魅力を多方面からお話しいただきます。

オラファー エリアソン「Sunspace for Shibukawa」© 2009 Olafur Eliasson

●オラファー エリアソン Olafur Eliasson
1967年デンマーク、コペンハーゲン生まれ。光、水、風、匂い、温度など自然界に存在する要素を用いて空間を操り、知覚に働きかける作品を発表している。欧米や日本の主要美術館にて個展を多数開催し、また世界各国の国際展に招かれ、好評を博している。原美術館では個展「オラファーエリアソン 影の光」(2005年)を開催。コペンハーゲンとベルリンに在住。

●逢坂恵理子(おおさかえりこ)
東京都生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業、専攻芸術学。国際交流基金、ICA名古屋を経て、
1994年より水戸芸術館現代美術センター主任学芸員、1997年より2006年まで同センター芸術監督。2007年より2009年1月まで森美術館 アーティスティック・ディレクター。2009年4月より横浜美術館館長に就任。 また、1999年第3回アジア・パシフィック・トリエンナーレで日本部門コーキュレーター、2001年第49回ヴェニス・ビエンナーレで日本館コミッショナー、2011年第4回横浜トリエンナーレ総合ディレクター、2014年第5回横浜トリエンナーレ組織委員会委員長、2017年第6回横浜トリエンナーレ コ・ディレクターを務めるなど、多くの現代美術国際展をてがける。

●「Sunspace for Shibukawa」(2009) ハラ ミュージアム アーク 常設作品
この作品は当館のために作られ、赤城山を望む絶好の位置に設置されました。鑑賞者はドーム内部に入り、太陽光がプリズムレンズによって映し出す「時刻や季節によって移り変わる虹」を見ることになります。構想と細部の検討に4年の歳月をかけ2009年に完成、世界各地で人々の記憶に深く刻む作品を発表してきたエリアソンにとって、日本の美術館での常設作品は本作が初となります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
上映前の明るい時間帯に、エリアソンの作品(※虹の現象は晴天時のみご覧いただけます)をはじめ、屋外作品や開催中の展覧会「鬼頭健吾 Multiple Star Ⅲ、「かさねのかたち、「画人繚乱」をご覧ください(4:30pm閉館)。このほか通常は非公開の開架式収蔵庫ツアーへの参加をご希望の方は、チケット購入時にあわせてご予約ください。―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【概要】
『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』 
全国美術館シネマキャラバン in ハラ ミュージアム アーク
2017年11月18日[土] 3:30pm-5:40pm
※上映会の開場は3:00pmより。展示は上映前にご覧ください。逢坂恵理子氏によるトークは本編(約77分)上映前に行います。
会場 ハラ ミュージアム アーク カフェ ダール
主催 フィッカ 共催 ハラ ミュージアム アーク
【チケット種類】
1)3,000円: トークショー付映画鑑賞券(1ドリンク付)、入館料、開架式収蔵庫ツアー(要事前予約)ツアー参加者の集合時間は、2:00pmを予定しております。詳細は下記特設サイトにてご確認ください。
2)4,000円: 上記の内容にパンフレット(定価1,300円)付き
【イベント概要及びチケット購入先】
https://motion-gallery.net/projects/olafur02
映画に関するお問い合わせ先 info@ficka.jp(有限会社シーハウス フィッカ・映像事業部)
ブログ http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/zMrRtlawx4TcoWBCkSAJ/

 ---------------------------------------------
ハラ ミュージアム アーク
住所: 〒377-0027 群馬県渋川市金井2855-1
TEL: 0279-24-6585  FAX: 0279-24-0449  E-mail: arc@haramuseum.or.jp
〈ウェブサイト〉 http://www.haramuseum.or.jp
〈携帯サイト〉 http://mobile.haramuseum.or.jp
〈ブログ〉 http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum
〈ツイッター〉 http://twitter.com/HaraMuseumARC
---------------------------------------------